73色の風景を包んだノート

風景名一覧

73色すべてに、その色からイメージする風景を想像した色名が記されています。

私が私である理由/ありふれた関係の糸/薫風初夏の頬紅/お気に入りの甘味/あの日憧れた姿/純真無垢な好奇心/暑さを感じはじめた頃/メリックの優雅な茶会/アレゴリーを纏う肖像/気高き南天の玉座/1859の耐光体/オフィーリアのある食卓/日傘に揺らぐ境界/累日の睡蓮/川辺の染物/深窓の高嶺/深雪に恋息吹/100年越しの葡萄酒/微毒の如き愛/使わなかった口紅/熱帯魚の燐光/24.5561の電磁/叡智なる電子軸/恋に落ちる回路/彼女の水晶体/水玉のデッキブラシ/憂鬱なシアノス/概念としての桜/移りゆく想い/爛漫なるマジェンタ/淡き木ノ葉のまにまに/君の包まれた夏の坂/僥倖のサフラン/モノクロームメモリー/夜夜中の橡/貴紳たるカーボン/王者の風格/永遠の誓い/大地のかがやき/明月ののわある/子どもだったあの夏/気球という象徴/ほほいろ飾紐/憐憫としての可愛さ/キューケンホフの花小径/沈下するソーダの夢/金魚鉢の硝子/ブルーブルーハワイ/メタセコイアの蝶/5月の人混みの粒/フェルテのポタージュ/星の女王とワルツ/水で薄めた陽の光/カテドラルに告ぐもの/カシアの恋文/ミルクチョコレヰト/挽きたて豆の薫り/すみれの氷菓/茜さす藤棚の御髪/時祷書のイイギリ/夜霧煉瓦アーク灯/記憶の奥の満月/或る縁側の落葉樹/ブルーモーメント/黄昏の影/晩夏の木洩れ日/ブルーベリージャム/寝返り5度目午前2時/クリスマスイブ前夜/何もかも完璧な夜/オレンジピールチョコ/誰よりも知る零/原始の海